一ヶ月を振り返って




あっという間の一ヶ月。

わたしは既に、日本にいます。

みんなは今、何をしているのだろう。

 

この一ヶ月、わたしは日本語教師としてCBBスクールにいました。

といっても、先生のソムナンのやり方が存在していて、

わたしは言われるがままに一回教科書を読むだけ、

そんな授業の時間もありました。

正直、日本語を教えるだけなら彼一人で十分です。

自分は何の為に来たのだろう、いる意味なんてない、

そう思いました。

 

 

しかし、住み込みのわんだに言われました。

 

「ぼくはにほんごをはなしたい。かいわがしたい。」

 

授業を受けているある生徒にも、会話ができるようになりたいと言われました。

 

教科書やプリントを使って文法や言葉の意味を理解することは

母国語で学ばなければ分からない。

でも、正しい発音や、日常会話で使う言葉やフレーズは

現地の人しか知り得ないことであり、

現地の人から学ぶからこそ分かることだと思いました。

 

会話、それこそ私にしかできないことだと気付きました。

本当に本当に単純なことですが、私はそれすら見失って

ただぼーっと、授業を見ていただけの時がありました。

日本人がいるのに日本語を使わない授業、とてももったいない。

気付いた日からは、できるだけたくさん、みんなと日本語で会話をしました。

 

ただ、会話といっても、

 

「げんきですか?」

「はい、げんきです。あなたは?」

「わたしもげんきです。」

おわり

 

がほとんどでした。

高校生ではもう少し話せる子もいましたが、

小さい子になると大半はここまでです。

あとは、はい、いいえを使えるくらい。

様々痛感した瞬間でした。

 

だから、少しでも面白くて、使えるものを、と思い

褒め言葉や、自分の気持ちを伝えるフレーズを教えました。