カンボジアで英語を教えるコツ、オススメの指導方法13選




皆様お世話になっております。

インターン生の山下夏生です。

今回は私がカンボジアの小学生、中学生、高校生に英語を教えた経験を通じて得たノウハウを13個ピックアップして皆様に伝えたいと思います。

子供たちに英語を教える際の参考にしていただけたら幸いです。

・自分が教える内容は、前もってクメール語訳を調べておく

これは日本人以外に英語を教えるときの大きなポイントです。

もし生徒が知らない単語を教えるときに自分がその単語をクメール語で言えないと、生徒が理解するのに時間がかかってしまいます。

自分も使い慣れていないクメール語は現地の子に前もって発音も聞いておき、確実に生徒に伝えられるようにしています。

これは自分のクメール語の勉強にもなるので、オススメです。

・教える内容は多すぎるくらいに用意しておく

私は毎回、授業1.5回分の内容を事前に準備しています。

私は1コマ1時間の授業をもっていますが、たまに1時間経たずに準備していた内容を教えきってしまうことが今でもあります。

また、生徒が自発的にもっと勉強したいと授業時間を延長することもあります。

したがって、教える内容は多すぎるくらいに用意するとよいと思います。

また、そうすることで、自分はもっと教えることがあるという意識を持ちながら授業できるので、授業時間の密度を濃くすることもできます。

・授業の最初に挨拶

小学生や中学生は授業が始まる前は友達とおしゃべりしたり遊んだりします。

そのため、時間になったからといっても勉強を始める雰囲気ではありません。

そこで最初にHow are you? What’s today’ date?と生徒に毎回問いかけ、ルーティンにすることでこれから授業が始まると生徒に意識させるようにしています。