驚きのカンボジアの習慣/文化20選




皆様お世話になっております。

インターン生の山下夏生です。

本日はカンボジアの習慣をご紹介します。

・バイク

首都プノンペンだけでなく、どの農村でもバイクで溢れています。

少し大きめの市場では四方からバイクが押し寄せるため、運転に慣れていないとかなり危険を感じます。

農村部ではもちろん信号はありません。

しかも3人乗り、4人乗りは当たり前。

ヘルメットをかぶる人は少数派です。

ちなみにバイクの車種はほぼ全てがHONDA製。

日本人である誇りを感じました。

・顔

カンボジア人の顔は日本人との顔ととても似ています。

現地の子に聞いてみても、イケメンやかわいい子の基準も同じようでした。

・ゴミ

ポイ捨ては日常茶飯事です。

なんとなくゴミがたまっている場所なら捨てていい雰囲気です。

レストランでも飲み終わった缶やちり紙を机の下に投げ捨てるのには驚きました。

おそらくゴミ処理技術が発達していないからだと思われます。

・ビニール袋

カンボジア人は何でもかんでもビニール袋に入れたがります。

缶ジュースを購入してもビニール袋に入れられてストローで飲んだり、ご飯を買って持ち帰ろうとするとまたビニール袋に入れられたりと、ビニール袋は一種の必需品となっています。

飲食物を入れることが多いので、ビニール袋が清潔かどうかいつも気になってしまいます。

・ガソリン

もちろんガソリンスタンドもたくさんあるのですが、農村部ではボトル売りの方が主流な印象です。

大抵コーラの大きいボトル瓶にガソリンが詰められて個人商店で売っていることが多いです。

・結婚

現地の子に聞いたところ、カンボジアでは18歳くらいで結婚するとこが多いそうです。

かなり若いときに結婚することが主流なため、カンボジアの子は非常にファッションに気を使ったり、会ってすぐに彼氏彼女の存在を聞くなど、恋愛に積極的な印象があります。

また、結婚式はとても盛大に行い、多くの人を招きます。

結婚式の写真を家に大きく飾っている家族がとても多いです。

・ご飯

朝食は近くの市場で、昼食と夕食は家で食べることが多いようです。

なので市場も朝に最も賑わい、夜はかなり閑散としています。

日本では朝食は家で、昼食や夕食に外食することが多く、それとは全く逆の文化で非常に面白いと思います。

・スマホ

洗濯機も掃除機も何もないカンボジアにおいて、スマホだけは多くの人が所有しており、とても驚きました。

スマホ本体は100ドル程度、通信料も1ヶ月5ドル前後で済むことが多いようです。

したがって多くのカンボジア人がスマホを持ち歩いており、仕事中でもYouTubeを見ているのをみかけます。

・トイレットペーパー

どこのトイレにいっても大体トイレットペーパーが備え付けられていません。

多くの場合は水で洗い流すことが多いようです。

外国人の人はこれに抵抗があり、ティッシュを携帯する方が多いです。

・牛

農村部では牛が道路を普通に歩いています。

常に注意していないと牛が横切るので危険です。

・寺

人口の約90%が仏教信者のため、お寺がそこらじゅうにあります

。こんなに貧乏な村になんでこんなに豪華なお寺があるのか疑問に思うほどお金がかかっていそうなお寺ばかりです。

これがなぜ観光地にならないのか疑問に思うばかりです。

・サッカー

カンボジア人は本当にサッカーが好きです。

男の子は大抵サッカーのユニフォームを着ていますし、少しでも時間があれば裸足で友達とサッカーをしています。

将来的には有名なサッカー選手を多く輩出する気がしてなりません。

・まとめ

いかがでしたか?

日本にいるだけでは分からない、おもしいろい文化がたくさんカンボジアにはあります。

興味がある方はぜひ一度来てみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。それではまた次回!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑