2016年度カンボジア渡航プロジェクト計画、こんな風に考えています【新歓・新入生募集中!】




プノンペンよりこんにちは。

CBB全体代表、高橋昌祐樹です。

もう海外と日本を約半年ずつ行き来する生活を5年間しているようです。しかし3月4月ごろのカンボジアの暑さは異常ですね。毎日スマホの天気予報から外出しないようにと警告がきます。

さて、CBB現地ですが支援3本柱である「チャリ」「スクール」「大学進学」は安定感がでてきました。

【新規プロジェクト】CBB Development Program開始

中でもスクール(子ども向け日本語と英語の語学学校)はCBBの人材育成の場となりつつあり、先日「CBB Development Program(仮)」も始動しました。今まで学生たちを住み込みで受け入れてきた実績をもとに体系化しました。

6か月…スクールで共同生活しながら日本語の勉強。
6か月…スクールのTraining Teacherとして自信とスキルを。
6か月…スクールの正規Teacherとして給与を。

晴れて1年半後、日本語人材として市場価値があがった状態でプノンペンの日系企業に勤めてもらいます。CBBでは「人生の選択肢を広げるため」英語ももちろん教えています。

41294

 

しかし、CBBの日本語教育の目的はずばり「貧困脱出」。これに尽きます。2016年現在のカンボジアの状況において貧困を脱出するには「語学」が非常に現実的です。英語学校は多くの地域にありますし、何より私たちCBB日本人メンバーの唯一のスキルが「日本語が話せること」ですので、それを使わないわけにはいきません。

【新規プロジェクト】CBBスクールpart2 建設しました

2014年より試行錯誤してきたCBBスクール。2015年に地方都市であるPaavに開校して1年間どうにか継続することができました。多くの「日本語教師インターン生」にお世話になりました。そして2016年2月、ついにCBBスクール2校目を開校することが決まりました。3月前半、校舎が完成。3/13(日)には開校式を実施。翌3/14(月)よりRegisterを受け付け、授業を開始しました。