追加支援のその後




お世話になっております。法政大学2年高木健太です。

 

2016年の春渡航の自転車支援プロジェクトは新規自転車提供だけでなく追加支援の追跡インタビューも行いました。

 

そもそも追加支援とは2015年の夏渡航の際に家庭の所得をあげて子どもに対する教育費を増やすことを目的としています。そこでは農家の家に対してはマンゴーの苗や鶏、家が商店でしたら売り物等を長期的な目で見れば所得が上がるような物資を利子なしのローンで提供しました。

詳しくはhttp://cbb-cambodia.org/a-bicycle-expands-possibilities-of-kids

Keaの家庭

Keaという子の家庭には鶏3羽と種を提供しました。鶏がたまごを産むことや鶏の子どもが生まれて鶏の数が増えていたらいいな。種が実をつけて市場で売られたり家庭で消費され食費が少しでもういていたらいいなとか国内で思っていました。

しかしそううまくはいきませんでした。