コンピューターを1時間勉強したら語学を1時間勉強しましょう




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して43日目になりました。

最近は一日中CBBスクールにいるので、CBBのことだけを考えて仕事ができるので、これまでにない楽しさと苦労を感じています。

本日は、カンボジアの生徒とのコミュニケーションを行う際によく起こりうる困難を紹介していきます。

CBBスクールでは

「コンピューターを1時間勉強したら、語学を1時間勉強する」

という決まりがあります。

「生徒の語学力を上げて、将来の進路の選択肢を広げること」がCBBスクールの大きな目的だからです。

そこでパソコンを勉強し終わった後に、住み込みスタッフのソッコンと英語の先生のチャンティと私で生徒に次のように促します。

「パソコンを勉強したら、英語も勉強します。もし英語を勉強しないなら、パソコンは使ってはいけません。」

すると帰ってくる生徒の答えは以下の通りです。

1.頭・お腹が痛いです。
2.早く帰らないと、お化けがでます。
3.家で勉強します。
4.忙しいです。
5.お母さんから電話がきます。
6.トイレに行きます。
7.家の誰かが病気です。
8.私の家は遠いです。
9.家の手伝いをします。
10.学校があります。
11.~は勉強しません。
12.勉強したくないです。
13.別の英会話に通っています。

日々、様々な言い訳と戦っています。

中には本当の理由もあるから見分けるのが難しいです。

もし、一人の生徒を家に返すと、その子の友達も同じ理由で家に帰っていきます。