【ご報告】トゥクトゥク運用停止・お詫びと対応策に関して




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBB事務局長、高橋昌祐樹です。

トゥクトゥク運用停止のお詫び

このたびCBBスクールではクラウドファンディングの後、2016年8月に購入致しましたトゥクトゥクの運用停止を決定致しました。

クラウドファンディングサイト
https://camp-fire.jp/updates/7323#menu

クラウドファンディングお礼~トゥクトゥク購入ご報告~

かつて支援していただいた皆様にこのような報告をすること、非常に心苦しい思いでございます。

下記、その理由でございます。

一番トゥクトゥクの維持費です。

毎月修繕費と燃料費、またそれに係る人件費が運営を圧迫しておりました。

トゥクトゥクの修理が多いということは止まることも多くあるということです。

実際生徒の送迎中に故障してしまう場合や

送迎前に出発できず、何度も授業の遅延や延期が発生しておりました。

特に授業の遅延は深刻で、スクール運営そのものを脅かすリスクとなってしまっていました。

そこで生徒たちとも相談し、今回トゥクトゥク運用停止とそれに係る対応策を決定致しました。

【解決策1】CBBスクールのフリースクール化

こうしたトゥクトゥク遅延による授業の遅れから、「授業料$2・トゥクトゥク利用料$1」としていたものを「授業料$0・トゥクトゥク利用料$3」とし、