カンボジアで小学校建設(ボランティア)してきました!(ドヤ




と聞いて僕がどう思うか。

こんにちは。CBBプノンペンオフィスより法政大学4年高橋昌祐樹です。

(この記事は2013年のものです)

1、小学校建設してきました(ドヤ)に対して。

批判が多い学生によるカンボジアでの小学校建設。

ですが僕は正直「すごいなぁ」と思います。

だって小学校を建てるには100万、150万、200万もの額を、自分たちで稼いで、なのに他のNPOにただ寄付するものだから。

見ず知らずのカンボジアの子どものために相当な労力を割いてチャリティイベントをやって稼いで、

せっかく稼いだものをただポンと寄付する。

僕には出来ない。

そんだけ稼いだら普通に使いたい。

それかせめて自分で何かプロジェクトをしたい。

100万円もあれば途上国でかなりの草の根プロジェクト及びビジネスが出来る。

それをただ寄付するなんてどこからそのモチベーションが生まれたのか不思議。

2、学生団体は無責任??

一方こんな批判もある。

「小学校を建てただけでその後のケアをしてない。だから先生が来なくなって学校も続かなくなった。学生団体は無責任だ」

これは全くの見当違い。

なぜって小学校建設はそもそも政府(青年教育スポーツ省)より要請があって初めて行われるものだから。

当たり前だが、公立の学校を海外の学生の団体がボンっと建てられるわけない。

そしてその後のケアは当然カンボジア行政側の責任。

また政府と学生団体の間には必ずNPO・NGOが噛んでいる。

学生たちにはそもそもライセンスがないから「勝手に小学校建てようぜ」なんてそもそもムリなのだ。

3、小学校建設ボランティア(ドヤ)参加してきました(ドヤ

これをしてくる学生は「まだ若い」「まだ自分の世界/日本の中での立ち位置が見えてない」そこに尽きる。