「つながりのきっかけ」カンボジアフェスタ2014 ~主催者の苦悩と感謝の言葉~




皆様お世話になっております。

はじめまして。法政大学人間環境学部1年の上野萌夏です。

 

先日CBB主催で開催させていただいたカンボジアフェスタ2014、無事大盛況にて終えることが出来ました!皆様、本当にありがとうございました!

 

今回、そのフェスタ実行委員のリーダーを私が務めさせていただいたのですが、企画運営をおこなう上での苦悩や喜びを、ちょっぴり正直に、今からお伝えしようと思います。

カンボジアフェスタ2014全体集合写真

(カンボジアフェスタ2014終了後、参加団体の皆様と。)

フェスタの話し合いを始めたのは、開催の2か月前。

イベント主催なんて、私はもちろんCBBにとっても初めてのことで、何から始めたらいいのかもわからず、ふわふわっと話し合う日々。

12月に開催することを決め、本格的に動き出したのは11月。

会場を抑えたり、企画書を作ったり、オファーメールを送るだけでも一苦労。

(本来、イベント開催の遅くても3か月前には、これらの行程は完了しているのが普通です。)

 

 

ただでさえイベント運営ノウハウを持ち合わせていない上に、異常な準備期間の短さ。そのため、毎日毎日仕事に追われる日々。朝から晩まで、登下校の電車の中やアルバイトの休憩中でさえ働き続けても、終わるどころか次々に降りかかってくる仕事たち……。

 

 

正直、相当、つらかったです。()

50回くらい投げだしそうになりながら、その度にぐっとこらえて、無駄に強い責任感だけで突っ走る毎日でした。

カンボジアフェスタ2014CBBミーティング

(イベント当日の早朝。CBBメンバーでミーティング。)

そして迎えたイベント当日。

案の定前日の深夜まで準備に追われていたため、どこかに準備不足があるのではないか、講演者や出展団体の皆様に迷惑をかけてしまうのではないか、何より一般のお客様は来てくれるのだろうか…、そんな不安でいっぱいでした。

でも、私の不安とは裏腹に、ごくごく順調にイベントは進行していき、いつの間にかたくさんのお客様でにぎわう会場。その光景を見たときは、本当に、心からほっとしました。

1418659024314

(常に満員の講演会。現地で活動する方々ならではの生の声に、全員が聞き入っていました。)

そして何より嬉しかったのは、

 

「来て良かった」

「呼んでくれてありがとう」

「また来年も呼んでください」

 

そんな、皆様からの声でした。

 

今年のカンボジアフェスタは交流に重きを置いていた部分もあり、参加団体同士や一般の方々との交流が多く見られました。

 

 

このカンボジアフェスタがなかったら、出会うことのなかった人たち。

 

 

そんな、誰かと誰かを「つなぐきっかけ」を、作り出すことが出来た。

 

それだけで、私の努力は無駄じゃなかったのだと、心から実感することが出来ました。

参加団体とCBBメンバー

(参加団体JEPS様とCBBメンバー。)

本当に大変でしたが、1年生の内にこんな貴重な経験をすることが出来た私は、とんだ幸せ者だなぁと、心から感じています。

 

 

 

そして何より、ここまで頑張ってこられたのも、協力してくださった皆様、支えてくださった皆様のおかげです。

 

 

講演を快く引き受けてくださった皆様

 

直前の連絡だったにも関わらず、出展してくださった団体の皆様

 

会場まで足を運んでくださった皆様

 

多大な協力をしてくださった元CJCC代表の大野さん

 

「頑張ってね」と、応援してくれた友達や先輩

 

日に日にやつれていく私を見て、「ちゃんとご飯食べるんだよ」と心配してくれて、ついには食べ物を恵んでくれたりもした友達

 

大変な仕事を共にやりきった実行委員

 

一緒に頑張ってくれたCBBメンバー

 

関わってくださったすべての皆様

 

 

この場を持ちまして、心より御礼申し上げます。

本当に本当に、ありがとうございました!!!!

 

また、CBBは現在、READY FOR?を通して農村の子どもたちに自転車を100台送ることに挑戦しています

全ての子ども達に教育へのフリーアクセスを。

これからもCBBをよろしくお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村