カンボジアで生活するために知っておくべき習慣5




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

11月になりました。公立学校が始まり、学校が子どもたちの笑い声で溢れるようになりました。CBBスクールの近くにも3つの学校がありますが、子どもの成長は地域を元気にしてくれるような気がします。

さて本日は【カンボジアで知っておくべき習慣5】。

短期滞在から長期駐在の方にまで使える彼らの風習、習慣をまとめてみました。

習慣や言い伝えは彼らと接する上でとても大切なものだと感じます。知らず知らずにやってしまうと関係が崩れてしまうこともあるので、旅先のことはしっかり事前に調べてから楽しい旅を過ごしてください。

①女性はお坊さんには触らない。

仏教国カンボジア。そのため日本では想像もできないほど、お坊さんをよくまちで見かけます。オレンジの布を身体全体にまとっているのですぐわかると思います。

気をつけなければいけないことは、女性はお坊さんに触れてはいけないということです。

obousan4

(お坊さんの住むお寺。朝4時起床など決まりがたくさんあるそうです。)

現地スタッフ曰く、女性を触ることは罪に当たってしまうそうです。

街中にはモトバイクに飛び乗るお坊さん、アイフォンをいじるお坊さん、タバコを吸うお坊さんなど日本のお坊さんのイメージとは違い、様々なお坊さんを見かけますが、中には女性に触ることだけでなく、目を合わせることもNGなお坊さんがいるようです。

CBBスクールの生徒の中にもお坊さんがいるので、私たちは気を付けるようにしています。

②頭を叩かない。

カンボジアでは、頭には神様がいると信じられています。なので、子どもの頭を叩いてはいけません。