オピニオン

【インターン生近況報告】~カンボジアでしか経験できない事~

投稿日:2018年6月7日 更新日:

お世話になっております。長期インターン生の勝間田です。

 

家族を大切にするカンボジア

土曜日は友達の家に行ってきました。と言っても、行く頻度が多すぎるので、久しぶりという感情は全くありません。

朝、市場へ朝ごはんを食べに行くと、友達の嫁と会いました。

「娘たちいるよ!」と教えてもらいました。

娘たちとは久しぶりに会ったので、非常に嬉しかったです。娘たちや、友達の姪と甥と遊びながらのんびり過ごしていました。

友達の妹が今度結婚するらしく、624日の結婚式に来てくれと言われました。喜んで行きますし、心から祝わせてほしいと思います。

家族で招待状の準備をしていたので、私も手伝いました。

カンボジアに来て、家族の繋がりが深く、全員で協力して生活している姿を多く見てきました。家族を大切にすることのすばらしさを痛感します。

日本では悲しいニュースが多いですね。親が子を、子が親を殺してしまうことも起きています。悲しいですよね。

 

子供の元気さ

子供たちと一緒に湖に遊びにも行ってきました。子供というのは本当に元気なものです。

まるで羽が生えているかのように走り、跳び回ります。

私にもあんなころがあったのでしょうか・・・。

疲労回復が年々遅くなっている気がしてなりません・・・。

それでも子供たちと遊ぶのはとても楽しいです。エネルギーをもらっているような感じがします。

 

どんどん進む工事...!

月曜日からはまた授業が始まります。工事も順調に進み、ついに屋根ができ始めました。

新しくできる新校舎まで、現在の簡易教室で頑張っていきましょう。

湿度が高く、熱もこもるこの教室で、子供と一緒に暑いと言いながら勉強する日も思い出になることでしょう。

新校舎で授業を再開する際は、子供たちをたくさん呼び集められたら良いと思っています。何か盛大にイベントなんかもできたら良いのかと思います。

そういったことも企画していかなければなりません。

日々授業をする中で、教材作り、掲示物作り、イベントの企画などの授業以外のこともやっていくため、忙しい毎日ですが、少しでも良い学習環境をつくり、良い教育をするために努力していけたらと思います。

相変わらず、雨が降ると虫が増えます。虫にここまで囲まれて生活するのもいまだけでしょう。

日本に帰ったら味わえないことを、残りの日々でしっかりと体験ながら過ごしたいと思います。

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’£ÂÂ«Ã£ÂÂ»Ã£â€šâ€œÃ£Æ’–ログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

 

 

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-オピニオン
-, , ,