カンボジアのプチュンバン(お盆)を体験!




こんにちは。

お世話になっております、現地駐在員の小澤です。

 

お盆(プチュンバン)真っ盛りのカンボジア。朝からお経がスピーカーを通して聞こえてきます…!

カンボジア国民の90%が仏教を信仰していて、敬虔な仏教徒がたくさんいます。

スクールの生徒も、お休みがち…。

CBBシェアハウスも、メンバーの5/6人が帰省しています。

プノンペン市内のお店は、何件か閉まっていて、なんだか少し寂しい感じ…。

 

そんな中、先日、スクールの生徒が彼女の村のパゴダ(お寺)へ連れて行ってくれました。

彼女はメイプリンという村に住んでいて、スクールからバイクで15分ほど離れた場所にあります。

 

朝6:40にスクールの前で待ち合わせして、彼女とお兄さんのバイクでパゴダへ向かいました。

パゴダのホールには既にたくさんの人が…!私たちはどうやら来るのが少し遅かった様子…。

私たちが来てから続々と帰る人々。

image (1)

(▲ ホールの中の様子)

朝はお粥を頂きました。鶏肉や魚介類がごちゃごちゃ混ざっていておいしい。

 

お盆の時期は、必ず故郷に帰るという習慣があり、生徒の家族も勢ぞろい。この期間中は、何件もパゴダを参拝しお供え物をささげるとか。

image (3)

(▲ 生徒の家族と一緒に食事をしました)

 

村の方々は、外国人である私たちに驚いた様子。それでもクメール語で挨拶をすると、にこにこしながら話を聞いてくれました。

お粥を食べた後は、生徒のお家や親戚のお家を訪問しました。そこで少し一休み…

朝早かったためか、私と宮﨑さんはハンモックの上で眠ってしまいました。笑

 

一休みした後、再び生徒の家へ。そこでパパイヤサラダをご馳走になりました。

食事後11:00頃、再びパゴダへ行くということ。何しに行くのかと思いきや、再びご飯をごちそうになり…

 

お腹いっぱい…!

image

(▲ お昼ご飯。カレーやスープなど、盛りだくさん)

 

自分の気持ち分だけお金を支払い、パゴダ周辺を散歩してスクールへ帰りました。

プチュンバンは、「集める」という意味があるそうです。この期間中は家族や親戚が集まり、一緒に食事や団欒を楽しむことができます。

家族との時間を共有することができる、すてきな行事だと思いました。

image (4)

(▲ パゴダ内で記念撮影、ありがとうございました!)

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

にほんブログ村

***********************************
2015年10月~2016年3月31日任期@カンボジア王国コンポンチャム州

拡大中のCBBスクールにおける日本語教師インターン生募集中です!

英語ができなくてもできる国際協力NGOでの現地長期インターン、

「まだ迷ってるけど…」そんな相談からでもお受けしています。
***********************************