カンボジアのプチュンバン(お盆)を体験!




こんにちは。

お世話になっております、現地駐在員の小澤です。

 

お盆(プチュンバン)真っ盛りのカンボジア。朝からお経がスピーカーを通して聞こえてきます…!

カンボジア国民の90%が仏教を信仰していて、敬虔な仏教徒がたくさんいます。

スクールの生徒も、お休みがち…。

CBBシェアハウスも、メンバーの5/6人が帰省しています。

プノンペン市内のお店は、何件か閉まっていて、なんだか少し寂しい感じ…。

 

そんな中、先日、スクールの生徒が彼女の村のパゴダ(お寺)へ連れて行ってくれました。

彼女はメイプリンという村に住んでいて、スクールからバイクで15分ほど離れた場所にあります。

 

朝6:40にスクールの前で待ち合わせして、彼女とお兄さんのバイクでパゴダへ向かいました。

パゴダのホールには既にたくさんの人が…!私たちはどうやら来るのが少し遅かった様子…。

私たちが来てから続々と帰る人々。