CBBスクールクリーンアップ大作戦~清掃習慣の定着へ~




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して46日目になりました。

カンボジア農村部では、日本のようにゴミ収集車がなく、ゴミを分別する習慣もありません。

(プノンペン市内など都市部では日に複数回ゴミ収集車が来る地域もあります。)

そのためCBBスクールの庭にも多くのごみが散乱しています。

日本で生活していたら、気になるゴミもカンボジアではあまり気にしていませんでした。

しかしPC教室が始まり、PCを1年でも長く使うために、子どもたちに「物を大切に長く使うことの大切さ」を伝えたいと思いました。

そこで先週から、PC教室での飲食を禁止することを生徒と再確認しました。

スクールの子どもたちは授業中もお菓子や果物を普通に食べます。

そして教室から食べた後のごみを外に捨てます。