あの生徒はいま / 顔の見える支援

~インターン開始から2週間~感じるメコン大学生の変化

投稿日:2018年8月18日 更新日:

皆さんお世話になっています、インターン生の脇坂です。インターン開始から約2週間が経ちました。
現地の友達と、ローカルフードを食べ続けていますが、未だ体調は良いです。
これからも体調を崩さないように業務に取り組みたいと思います。

メコン大学のいま

カンボジアメコン大学で業務をしている中で、気づいたことがあります。それは、生徒の出席率についてです。わたしがここ来てから、毎日に来る学生、たまに来ない学生、初回から見なくなった学生、、、様々です。

また、前回の渡航の農村ホームステイでお世話になった学生は、学校をやめてしまったと聞きました。家族の仕事なのか、金銭的な理由なのか、詳しいことはわかりませんがやはり勉強をしたいのにできる環境が整っていないというのが、ここカンボジアの現状だと感じます。

そのような生徒達にいかに勉強できる環境を、「与える」のではなく、「共に作っていく」ということが私たちに求められているのではないかと感じます。

6ヶ月での変化

2月の渡航でお世話になった私たちの妹的存在、ピセイという1年生の女の子がいます。前回は日本語はあまり話さず、話をしても英語かクメール語で正直おとなしいなという印象でした。

しかし今回8月に再会し、とても日本語が上達し、今ではわたしにクメール語を日本語で教えてくれる先生でもあります。そしてクラスではおそらく一番日本語がうまく、クラスメイトにわからないところを教えていたりします。

6ヶ月でここまで上達したということは、どこかでたくさんの努力をしていると思います。もっとお互い会話をし、日本語を学んでいってほしいです。

生徒達に伝わる日本の文化

もう1人生徒を紹介したいと思います。同じく1年生のチャリヤです。彼女は日本の漫画が大好きで、休み時間絵を描いたり、動画を見たりしています。由来はわかりませんが、先生も彼女のことを「忍者さん」と呼んでいます。

また、アニメ、漫画をよく見るようなので、教会書には載ってない日本語をよく使っています。
カンボジアの人は仲良い関係だと、よく笑いながら喧嘩のようなことをします。
そこで彼女はいつも「喰らえ〜」といっていて、どこでそんな言葉覚えたんだと感じるほどです。

日本人の学生と同じで、アニメや漫画が好きなのは一緒なんだなと思いました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-あの生徒はいま / 顔の見える支援
-, , , , , ,