クリスマスモードのカンボジア~CBBスクールのクリスマス支度~




ご無沙汰しております。

現地駐在員の宮崎です。ここ最近は、特に朝晩ですが、冷え込むことが多くなりました。

パーブの市場にはダウンジャケットまで売られていました。(そこまで寒くはないと思いますが…)

わたしにとっては涼しくても、カンボジアの人々にとってみたら、とても寒いようです。

 

さて12月も終盤。というより、2015年も終盤ですね。

日本ではクリスマスモードや年末モードが漂っている頃でしょうか。

 

プノンペン市内では、クリスマスツリーらしきものや、サンタクロースの置物を見かけることもありますが、ここパーブではそんなものは全く見かけません。

それでも、「クリスマスは何かするの?」とわたしが尋ねると、「パーティーがある!」と嬉しそうに話してくれた生徒もいました。

ここカンボジアでも、日本とまではいかずとも、宗教に関係なく、クリスマスを楽しむようです。

 

せっかくなので、少しだけ、クリスマスにかかわるクメール語を紹介。

クリスマス→ボン・ノエル or   クリスマ (生徒たちはよく「クリスマ~! クリスマ~!」と言っています。)

サンタクロース→ター・ノエル (直訳すると“クリスマスのおじいさん”。)

 

もうすぐクリスマス。

そこで、CBBスクールも、少しだけクリスマス支度を。

ということで、スタッフのコンティアとスレイリャがクリスマスツリーを準備してくれました。

IMG_8411

 

修造の横にもサンタさんが。

IMG_8373

 

 

そして、スクールの生徒たちには、サンタさんにお手紙を書いてもらいました。

 

そんなお手紙の一部を紹介したいと思います。

IMG_8413

(▲ぬいぐるみが欲しいという女の子。子どもらしくてかわいいお願いごとです。)

 

IMG_8412

(▲しあわせな人生が欲しいという生徒。サンタさんも頭を抱えそうです。)

 

IMG_8415

(▲欲しいものがたくさん!)

 

IMG_8414

(▲小学生とは思えません…)

 

“ぬいぐるみ”や“子猫”が欲しいというかわいらしい回答もありましたが、全体的には、“しあわせ”だったり、“健康”だったり、抽象的なものが欲しいと言う生徒が多かったのが印象的でした。

 

はたして、サンタさんは、生徒たちに、願いどおりの贈り物を届けてくれるでしょうか。

届けてもらえるといいですね。

 

それでは、みなさんも、素敵なクリスマスを。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

にほんブログ村