【5年目突入】大学進学支援+「だれでも、どこでも、いつでも」学べるCBBオンラインスクール




皆さまお世話になっております。

一般社団法人CBB代表理事、高橋です。

5年目大学進学支援

さて最近プノンペンで雇用創出プロジェクトに注力しているのですが、

今日はその大元の大学進学支援がメコン大学でありました。

もう5年目の事業ですが、昨年は新入生との関係構築に失敗、支援者を送り出すことが出来ませんでした。

近年はコンポンチャム州バティエイ郡の4つの公立高校(バティエイ、プレイニア、スンダイ、パダウチョム)で選抜試験を実施させてもらっていました。

しかし4高校もあると高校3年生だけでも実に400人強。とても短期間で誰が誰かを見分けることは出来ません。

昨年の失敗を活かし、また今年は過去2年間続き地域に根付いたCBBスクール輩出の高校生もいる、という新しいコネもあり、口コミでアプローチすることになりました。

新入生進学者は果たして…?

結果、2017年の奨学金内定者は無事3名でました。

昨年がゼロでしたので、今年は非常に多くの時間をさき、丁寧に物事を進めていきました。

メコン大学の樋口先生とも10回以上のミーティングを重ね、学生たちとも多くの時間を共に過ごしました。

家の世話から、特にバイト探しは中々うまくいきませんでした。

大学から徒歩圏内、CBBが5年に渡って拠点としているプノンペン郊外のヘンリー市場近隣。

ここは市内にも関わらず大型の工場があり、そこを中心にローカル市場があります。

それ一帯を取り囲むように地方出身の単身者向けの簡素な住宅たち。

そんな事情故、都市と田舎の中間地点のようなエリア。プノンペンの他のエリアと比較すると貧困層も多いため犯罪も多めです。

すると近隣のバイトができそうな飲食店はどこか怪しい雰囲気のものも。