授業参観を終えて~生徒に新たな心情の変化~




こんにちは。大学2年の増田亮です。

今回は、スクールイベントとして行った「授業参観」について書いていきます。

なぜ授業参観プロジェクト実施に至ったのかです。

まず第一に、スクールではここ数か月、生徒が少しずつ増えていきています。これ自体は嬉しいことです。

しかし、生徒がスクールを辞めてしまっては意味がありません。

そこで今回は、生徒ではなくお金を出してくれている両親にフォーカスしてイベントを行おうと思いました。

また、イベントということ授業だけではなく、渡航メンバーによる「大きなかぶ」の劇とスクールの生徒による歌の発表がありました。