春プロジェクトと支援の大局観【チャリ継続支援編】




皆様お世話になっております。

国際協力NGOCBB現地代表、高橋昌祐樹です。

さて、引き続きプロジェクトの継続をいかにするかという話です。

 

衛生プロジェクト(ごみ拾い・トイレ掃除)

チャリプロジェクト(20台無償支援・80台マイクロファイナンス)

CBBスクール(日本語授業継続・英語授業開始)

今日はチャリについてです。

 

チャリプロジェクト(20台無償支援・80台マイクロファイナンス)

このプロジェクト、ようは毎月$5を返済してもらい、結果原価が戻ってくるので一人でも多くの子どもに自転車が提供できるという「ソーシャルビジネス」です恐らく。自転車の意義は今日は割愛します。2015年1月1日時点で256名、これからまた100名増えるので356名にまで支援者は増えます。今年中に1000人超え出来るだろうか。

自転車を提供し、毎月返済をもらうだけでも立派な継続支援です。実際返済が出来なくなり学校にあまり行かなくなった子どもとその家族を村長から紹介してもらい支援したり。

さて、自転車をあげるだけで隣地区の2時間かかる高校まで45分で行けます。隣の隣の村にある中学まで1時間かかるところ25分に。そうすると何が変わるか。「家事と勉強」の両立が出来るようになる。チャリがあっても劇的な変化はありません。でも家事農業か学校かという「退学」の選択肢を避けることができます。

結果CBBの支援地では多くの子どもが退学の時期を遅らせられている、と言えるでしょう。退学の可能性を少し下げれているかな、その程度です。

ではなぜ、信じて拡大してきた支援に対してこんなに懐疑的なのか。