【日本とカンボジアの教育事情②】~日本とカンボジアの学校を比べてみた~




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

本日は漫画を寄付しに行ったSrasbeng Primary School と日本の小学校を比較してみました。

途上国の学校と先進国の田舎にある学校、どう違うのでしょうか。

Srasbeng Primary School

・生徒:教師 3:1

・授業:クメール語、数学、理科、社会

・授業時間:朝7時から12時までの5時間

・平均通学時間 5分から10分

・教師は2、3時間翌日の授業準備の後、午後4時ごろ帰宅

・パソコン、英語の授業はない(教えることができる先生がいない)

・先生は英語を独学で学んだり大学へ行って勉強している

・語学教育はとても大切

「もし英語が話せれば外に向けて私たちの学校を宣伝し、より多くのサポートを得ることができます。また子供たちは給料の良い仕事に就くことができます。」

日本の小学校(岡山県・岡山駅から30km車で45分)

・生徒:教師 4:1

・授業開始8時45分・終了14時45分(6校時のときは15:35)