【貧困格差】~ビールを飲み休日を楽しむ富裕層 / 明日の生活を心配する貧困層~




皆さんこんにちは。

最近、ご飯にふりかけ感覚で蟻をのせて食べた、インターン生の本多です。

蟻を食すのは初めてでしたが、見た目とは裏腹に思った以上においしくいただくことができました。

先週末、私の友人のつてで、プノンペンの大学で幼稚園の先生をしている方々とお会いする機会がありました。

友人の紹介ということもあり、大変よくしてくださり、ローカルの観光地であるウドン山(Odong mountain)に連れて行ってもらいました。

その方々は、日本への渡航経験もあり、車を持ち、カンボジアのいわゆるプノンペンに住む富裕層に当たる方々でした。

正直言ってしまえば、村での生活では貧困層の生活を見ることは可能ですが、富裕層の生活を知ることは難しいです。

そう言った点を踏まえると、今回きちんと初めてカンボジアで暮らす富裕層の方々と実際に関わりを持つことができ、さらに彼らの生活を垣間見ることができました。

埋まらない貧富の差

しかし、彼らの生活や仕事、学歴などを知れば知るほど、カンボジア国内の格差を痛いほど知りました。

彼らは、大学まできちんと通い、クメール語、英語、ロシア語をしゃべることができ、良い職に就き何不自由のない生活をしているように感じられました。

また、彼らの子供たち、孫たちも、きちんと学校に通い、大学を卒業し、いい職を得ているようでした。

しかしながら、その一方で、私たちが訪れたウドン山には、休日にそこを訪れる富裕層を相手に、必死にお土産や食べ物を売る人たちがいました。