【寄付募集】カンボジア貧困地域で一人でも多くの子どもをフリースクールに




こんにちは。CBBのマサです。

今日はついに仕組みができました「寄付」のお知らせです。

記事の対象は「きちんと寄付を支援に届けてるNGOはどこだろう」という方。

活動を行っている理由・問題提起

カンボジアのイメージは「地雷/貧困/ストリートチルドレン」でしょうか。

それとも「経済成長/日系企業進出」でしょうか。

実はどちらも正解です。

活動を行う理由1「貧困/格差の是正」

しかし2018年の今、最も大きな問題となっているのは「貧困/格差」と言って間違いないでしょう。

この経済格差の光と影を象徴するように、首都プノンペンでは強盗やひったくりが後を絶ちません。

活動を行う理由2「カンボジア人自身の手による教育支援」

「支援漬け」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

紛争後、長らく他国からの援助お受けてきたカンボジアやアフリカ諸国を指す言葉です。

実際、カンボジアにいるとこうした場面にまだまだ出くわします。

だからこそ「チェンジ」が必要なのです。

根本的な発想の転換が必要なのです。

それが「カンボジア人自身の手による教育支援」です。

僕たちは「外国人が行う支援」ではなく「カンボジア人自身の手による教育支援」を提唱します。

活動で実現したいこと

CBBフリースクールは2つの理念を大切にしています。

理念1「すべての子ども達に教育へのフリーなアクセスを」

CBBスクールのある地域には高校を卒業できない子ども達が2018年の時点でもまだまだ沢山います。

そんな貧困地域において、無料で教育を提供することの意義は計り知れません。

理念2「国を担う人財の輩出を」

一つ目の理念は「一人でも多くの子どもに教育を届ける」という点にフォーカスしています。

しかしそれでは最低限の教育を届けた後の未来像が見えません。

そこでこの貧困地域から国/地方の行政や教育機関を支える若者を輩出できたら「もう少し現状が変わるかもしれない」そんな期待を込めて「リーダー」を輩出するために人財育成も行っていきます。

寄付専用URL

https://activo.jp/fundraisings/22

活動実績

自転車支援

2011年 5名

2012年 8名

2013年 5名

2014年 以降延べ300名

CBBフリースクール

延べ生徒数 500名

中退者の復学支援 8名

大学進学支援

2013年 2名

2014年 5名

2015年 2名

2016年 0名

2017年 3名

2018年 8名

雇用創出プロジェクト

2017年 3名

2018年 5名

ミャンマー進出

2018年 2名(トレーニング中)

支援の使い道

主にCBBフリースクールの運営費に使わさせていただきます。

内訳は下記のようになります。

1、先生のお給料

常時2~3名のカンボジア人の先生、マネージャーがCBBフリースクールの運営には不可欠です。

CBBスクールには多くの子どもたちが平日週5日間、元気に顔を出します。

そんな子ども達を親身に気遣い、授業/運営を進めるスタッフの大切なお給料に使わされて頂きます。

お給料には社会福祉手当(ガソリン代/食費/水代等)も含まれます。

2、フリースクールの運営実費(電気代/水道代/通信費)

カンボジア人自身の手で目の前の支援を実施していくには「フリースクールの継続」が大きな課題になっています。

将来的にはフリースクールいて物品販売等を実施し、より持続可能性を担保していきたいと思います。

3、貧困学生への奨学金

CBBフリースクールでは時期によって、貧困の中高生を受入、復学の支援をしています。

一度退学してしまった子ども達の支援です。

日々の食費/交通費、教科書代/制服代に大切に使わさせていただきます。

支援方法

クレジットカードでご支援頂ける場合は、こちらのリンクからお願い致します。

銀行振込でご支援を頂ける場合は、下記銀行口座へお振込みをお願い致します。

ーーーーー

銀行名:楽天銀行法人口座

支店名:第二営業支店

支店番号:252

口座番号:7608948

口座名義:一般社団法人Cycle beyond the Borders

ーーーーー

最後の一言

カンボジアの松下村塾を目指して
CBBでは長らく「本当に必要な支援とは何か」という問いに悩んできました。

日本は明治維新により大きく道が開けました。

その明治の政治家の多くを輩出したのが、かの吉田松陰率いる「松下村塾」。

彼らは塾での学び、更に列強への留学/遊学/研修旅行を通して、当時の日本に必要なもの、不要なものを学びました。

CBBフリースクールではミャンマーやラオスへの他国展開をカンボジア人スタッフと実施することで、彼ら自身が将来「国を担う人財」に成長してくれれば、と願っております。

そういう意味でも「カンボジア人自身の手による教育支援」を共に支えて頂ければ幸いでございます。

リターン▼継続寄付

月間1,000円(学生限定パック)→→1日あたり33円(うまい棒3本分)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待

月間2,000円(学生限定パック)→→1日あたり66円(うまい棒6本分)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待

月額3,000円(個人ブロンズパック)→→1日あたり100円(お水1本分)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待

月額10,000円(個人シルバーパック)→→1日あたり333円(コーヒー1杯分)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待
◆プノンペン市内ご案内

月額50,000円(個人ゴールドパック)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待
◆プノンペン市内ご案内

月額50,000円(企業様Aパック)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待
◆プノンペン市内ご案内

月額100,000円(企業様Sパック)
◆NGO CBBコミュニティへの参加
◆フリースクールご招待
◆プノンペン市内ご案内

返品・交換の方法

[リターンに欠損がある・ない場合の返品・交換]

リターンの性質上、性質上、返品は承っておりません。

寄付お申込み

https://activo.jp/fundraisings/22

皆さまからの寄付は大切に大切に使わさせていただきます。