ダブルスクールが普通!カンボジアの大学生は勉強熱心?




スオスダイ!
カンボジア現地インターンの鹿島です。

先日、CBBが大学進学支援でお世話になっているメコン大学の樋口先生から
カンボジアの大学生はダブルスクールをすることが普通であるというお話を聞きました。

日本だと資格がどうしても欲しい人や公務員試験合格を目指す人などが
ダブルスクールをするイメージですが、
カンボジアの大学は・昼・夜の3部制のため気軽に2つの学校に行けてしまうんです。
学費は国立で年間300~400$、
私立で600~700$なので金銭的にも無理な話ではありません。

しかし、樋口先生は
「ダブルスクールをして、成功した学生を今までほとんど見たことがない。」と渋い顔。

それでは、先生がメコン大学の学生に「ダブルスクールのメリットとデメリット」という題でアンケートを行ったときの結果をご覧ください。

◆メリット
・2つ大学を卒業していると(2つ卒業証明書を所持していると)就職が有利になる。

◆デメリット
・休む時間が無く、身体を壊す
・両方とも中途半端になるか、ドロップアウトしてしまう
・課題をやる暇がない
・アルバイトができない

あくまで結果を大まかにまとめたものですが、明らかにデメリットの方が多いですよね。
しかし、多くの学生にとってもっとも重要なのは大学生活の充実ではなく「良い会社に就職して、少しでも多くお金をもらう」ということ。