教育の価値を伝えるビデオ(教育プロジェクト)




こんにちは。法政大学法学部1年の金坂里彩です。

今回は私が参加している自転車支援プロジェクトについてお伝えします。

私たちは、家が学校から遠く通えない子供達に自転車を支援しています。しかし親の教育への不理解、貧困、仕事優先などという様々な理由から、継続的に通学することが難しいという現状があります。自転車を提供すること=学校に通えることと単純に考えていた私には衝撃でした。

_DSC0339

そこで私たちは自転車を支援すると同時に「教育への意識を変えたい」と考え、知り合いの在日カンボジア人留学生と現在プノンペンに住んでいる方の力をお借りしました。「どうしたら強いインパクトを与えられるか」を考え、結果同じ環境に置かれている農村出身の方の“サクセスストーリー”の作成に辿り着きました。

彼らの経歴や様々な苦労を語っていただいた動画を見せることで、教育の大切さを伝え、将来への希望を高めたいです。多くの子どもに様々な種類の仕事を知ってもらい、将来本当にやりたいことを見つけてほしいです。

インタビューの内容は子供向けと両親向けの内容に分けました。子供向けインタビューでは、主に学校の楽しさを伝えたいと考え、学校での生活の様子や子供の頃の将来の夢などを伺いました。両親向けインタビューでは、今の仕事内容や給料、現在の将来計画などを話していただきました。両親向けのインタビューでは、教育を受けたか受けてないか、によって生まれる将来の違いを伝えたいです。

_DSC0253

一番の問題は「教育環境が整っていないため、国を発展させるだけの力を蓄えている子が少ないということ」です。教育問題はただ物を提供するだけで解決出来ることではありません。カンボジア人が自らの手で更によい国を作っていけるような、その土台作りをお手伝いすることによって、本当の意味での援助をしていきたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村