カンボジア下院選挙、投票所のリアルとカンボジアのこれからの未来




こんにちは。

NGOCBB共同創始者・一橋大学大学院修士1年・藤野太一朗です。

カンボジアは7月28日に下院の選挙が行われました。

選挙の結果やその前の選挙活動については、相方のマサが記事を上げてくれているのでそちらを見てください。

僕はInterbandというNGOのメンバーとしてカンボジアのCONFRELというNGOの下で短期選挙監視員をしていました。

なので、僕が今回伝えたいのは、選挙が実際どのように行われていたのか、そのリアルを伝えたいと思います。

団体などとは一切関係のない個人的な見解ですので、その点了解ください。

暴力やデモ、野党の対抗姿勢などが強調された報道が多いカンボジアの選挙。

確かにプノンペンでは、警察車両を住民が破壊していたりしてました。

ただ、それがカンボジア選挙のリアルなのでしょうか。一体リアルとは何なのでしょうか。

僕が派遣された監視地区はKandal Provinceという場所です。

Kandal Provinceはプノンペンから車で20〜30分の場所にある州です。

形が面白く、プノンペンを覆うような形をしているんです。興味のある人は地図で確認してみてください。

本題の選挙ですが、選挙は7時に始まるので、6時には選挙管理委員の方々が準備しています。

選挙所の中は写真等が禁止されていたので、遠くからパシャリ。

カンボジア投票所

政党の方も立ち会いのもと、投票箱が空であることを確認します。

僕は6時には投票場についたのですが、その時にはもう投票を待つ人がちらほら。

みんな暑くならないうちに選挙に来たがります笑

投票所準備は至って平穏でした。