【参考】スクール英語授業進め方(中学生クラス対象 Part 2)




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して59日目になりました。

本日はCBBスクールで始めた新たな軸である、

『毎日単語10個』を積み重ねていく授業内容

何事も継続していくことが大切です。

なぜ毎日単語10個計画を始めたかというと、私たちがクメール語を勉強して話す際に、文法よりも単語を繋げて話す機会が多いからです。

文法を細かく勉強しても、単語が分からないと話せないことが多いです。

毎日、日常的によく使う単語を10個ずつ勉強することで、子どもの記憶の中に単語が少しずつ記憶され、ボキャブラリーが増えていきます。

新しい単語を勉強しても人の脳みそは、20分後は42パーセント、1日後には74パーセント忘れてしまいます。

そこでCBBスクールでは次のようなサイクルを作ります。

毎時間授業後にその日に習った単語を写真で撮り、パワーポイントに貼り、プロジェクターに映し出して復習を行います。

サイクルは1週間です。

1日目は10個、2日目は新しい単語10個に加えて昨日習った10単語の復習を行います。

3日目は新しい単語10個に加えて昨日と一昨日に習った20個の単語の復習を行います。

そうすると1週間で50単語新しく学び、毎日50単語を復習するサイクルが出来上がります。