「農村から億万長者へ、貧困脱出」~映像授業が秘めた可能性~




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン11日目の今日は、CBBスクールが力を入れている映像授業についてお伝えします。

➀ 語学教育

そもそもどうして語学教育が大切なのでしょう。

それは外国語、特に英語や日本語を話せることが収入増加に直結するからです。

カンボジアの農村に住む方の平均月収は$101、比べて外国語を使うマネージャーなどは$200、$300稼ぎます。

カンボジアでは英語に加えて別の外国語を使えるとかなり有利になります。

外国語を習得する→給料の良い仕事を手にいれる→貧困脱出

このループを作りたいのです。

② クオリティの維持、向上

より多くの生徒たちに勉強してもらう方法として、学校の数を増やすという手もあります。

しかしそれでは学校や先生の授業のクオリティに差が生まれてしまい、管理するのが大変だということに気づきました。

CBBスクールでは、動画を撮影しそれをYouTubeにアップしています。

そうすることで同じクオリティの授業を全員が受けることができます。また動画を見て先生自身が教え方を勉強することで、授業の質も上がります。