念願のカンボジアでのインターン生活を終えて




お世話になります、インターン生の山本なつみです。

とうとう3週間のインターン生活が終わりました。

3週間は今思えば本当にあっという間の時間の早さでした。

よく「どうだった? 」と聞かれます。

一言で言うと、やっと暮らしに慣れてこれからだ!という時だったのでもう少しいたかったなと思います。

インターン生活を通して学んだこと、感じたことを述べたいと思います。

目標と達成度

カンボジアは初めての途上国でした。

暮らしに慣れるまでがメインになってしまったかと思います。

英語教師としての目標は「生徒が楽しく勉強する授業づくり」でした。

できるだけ体を動かしたり歌を取り入れたりすることで達成できたかと思います。

反省点と達成できなかったこと

スタッフ教育にあまり貢献できなかったことです。

現在CBBスクールでは10代の住み込みスタッフが働きながら日本語と英語の勉強をしています。

インターン生の仕事は教師以外にスタッフ教育も含まれています。

彼らが仕事を一生懸命するように指導することと、授業の空き時間を使って英語と日本語の個人レッスンをしています。

英語教師ととして働いているネアットと授業後に情報共有やフィードバックをしたりもっと多くの時間を使って英語や日本語を指導すべきだったと思いました。

より多くのカンボジア人とコミュニケーションを取ることは達成できましたが、彼らやカンボジアという国にもっと溶け込み、向き合うべきだったと思います。