わたしはBeginner。~農村の知恵~




はじめまして。法政大学3年の川端真珠です。

私は8月6日から13日までシェムリアップでスタディーツアーと観光をしていたので遅れて夏渡航に参加しています。シェムリアップで1週間プノンペンのシェアハウスで1日農村2日目ですが病気や腹痛にもなることなく元気に過ごせています。丈夫に生まれてきたのか自己管理ができているのか、あとの1週間も元気にカンボジアで過ごしたいです。さらに私はCBBに遅れて加入したので、渡航直前の加盟にもかからず暖かく迎え入れてくれたメンバーには感謝です😊

 

初のカンボジアなのでカンボジアでびっくりしたこと感じたことについてかきます。

 

シェムリアップで訪問した農村について

 

IMG_3576

(今回はCBBスクールからバイクでさらに30分ほどのトロップ地区にホームスティ。一面が田んぼでした。)

私はカンボジアで初めての農村に来たときはとてもわくわくしました。高床式の家、牛や鶏と一緒に暮らす村人の姿、農村は私の知らない暮らし方でいっぱいだったからです。

しかし、私は渡航前にカンボジアの農村にとてもネガティブなイメージがありました。単純に農村で農業をやっている人たちはとても貧しいと思っていたんです。

貧困は実際に起こっていることなので理解しようとしても、それを実際に目の当たりにするととても怖いものです。

シェムリアップの観光客があつまるナイトマーケットでは、地雷で足を無くした人や貧しい子供が物乞いをしていました。足を無くした方がお金をくださいと道路を這ってくる姿や、小学校低学年ぐらいの子供が赤ちゃんを抱きながら夜中まで物乞いのために歩き回っているのはとてもショッキングでした。