オピニオン

【第二弾】フリースクールとしてのCBBが抱える課題点〜インターンをする中で〜

投稿日:2018年6月22日 更新日:

こんにちは。最近蚊に刺されることが少なくなって嬉しがっているインターン生の杉山です。

前回の続きとして、今回も実際に滞在する中で気付いたCBBフリースクールの問題点である「長期間来る生徒がほとんどいないこと」について書きたいと思います。

前回は言語習得には時間がかかり、生徒と私たち教える側の両方が言語習得のために本気で取り組む必要があるということを書きました。

今回はその「本気」で取り組むために必要なモチベーションについて触れたいと思います。

 

自発的ではない勉強するモチベーション

CBBスクールには現在5歳から20歳までの子どもが来ていて、コアな層は12歳から17歳です。

CBBに来るきっかけは純粋に「日本語・英語を学びたいから」という子どもは少なく、「友達や兄妹が行っているから自分も一緒に行くことにした」という理由がほとんどのように思います。

継続的に生徒が来る理由は「授業が楽しい」「インターン生が好き」「褒められるのが嬉しい」「新しいことを学ぶのが楽しい」「友達と一緒に過ごせる場所だから」などがあります。

しかしながら来るモチベーションの拠り所が自発的ではなく他人にあり、またフリースクールであり、来る強制力も働かないため、遅かれ早かれ「他のことで忙しくなった」「飽きた」「嫌になった」「好きなインターン生が帰国した」などの理由で来なくなってしまいます。

しばらく経って帰ってきてくれる生徒もいますが、それでもやはり学んだことを忘れているのでもう一度同じ内容を学ぶ必要があります。

 

学んだ先のゴール設定の重要さ

難しいところは、生徒は前日まで楽しく学んでいても何の兆候も見せることもなく、いきなり来なくなるということです。

先輩のインターン生によると,この問題は最近始まったことではなく、長い間存在しているようなので解決する必要があります。ではなぜこんなことがずっと起きているのでしょうか。

僕が考えるに原因は学んだ先のゴールが見えてないことだと思います。

なぜ自分が日本語や英語を学ぶのか、学ぶ目的が見えておらず、CBBに来なければならない理由も特にないため、簡単に諦めてしまうのだと思います。

 

子供だからこそ伝えたい、勉強する意味

私たちも小さいころ、勉強の目的が分からず、勉強するのが嫌だと思ったこともありましたよね。

年を重ね勉強することが習慣化すれば、良くも悪くもなぜ勉強するのかその目的を考えることも止めてしまいます。

だからこそ、小さい子どもに勉強の楽しさやその意味について教えるということを大事にして、子どもが自分の中にCBBに来る目的を見つけられるように頑張っていきたいと思います!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-オピニオン
-, , ,