村の人とのコミュニケーションを取ることの楽しさ




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して35日目になりました。

1か月以上滞在すると、村での生活が当たり前になり、

村の人とのコミュニケーションが減っているのに気づかされました。

3日前からスクール見学に訪れている木原眞琴さん。

カンボジアに来ることは初めてでした。

何もかもが新鮮な光景。

飛び交う言語は暗号。

そんな中、一生懸命村の人とコミュニケーションを取る姿は、最初に私がカンボジアに訪れた時の気持ちを思い出させてくれました。

言葉は全く通じない中でも、積極的に村の人の輪に飛び込み、言語以外のコミュニケーションでお互いに対話を楽しんでいました。

木原さんが楽しむからこそ、村の人も関わることを楽しみ、工事のおじさんとは1時間ほどコミュニケーションを取っていました。

スクールの子どもたちにも森の中に連れられて、私も行ったことのない場所に連れて行ってもらっていました。

この4日間は、私自身もこの35日の中で一番村の人とコミュニケーションを取りました。

カンボジアでの生活が当たり前になり村の人とコミュニケーションよりもCBBスクールの業務でパソコン作業をしている時間が長かったです。

この4日間は事務作業よりも村の人との時間を大切にしました。

1日村で生活し、積極的に表に出ると、多くの村の人に声をかけられます。