異文化体験

現地に来なきゃわからなかったGAP3

投稿日:2016年12月1日 更新日:

皆さま、お世話になっております。インターンの武田です!

カンボジアで感じた日本とのギャップをお伝えします。

この記事の目次

シェア文化

なんでもシェアする文化があります。

物は買った人のものだけではないのです。

日本であれば、貸りていい?や、次あの子に貸していい?と一度、持ち主に許可をとりますが、カンボジア人は勝手に借り、勝手に使い、たまにはそれを、自分のものとして使います。

たくさん持っている人があればあるだけ損をする国でした。

日本人であれば、たくさん働いた人がお金をもらえ、そのお金をいろんな人にシェアをされるのはちょっと、、、って思いますが、カンボジア人はたくさん持ってる人が嫌な顔せず当たり前のようにシェアをしています。

たまに、それにイライラする私は心が狭いのかな?と思ってしまうのですが、たくさん働いた人、たくさん物を持ってる人が損をするのはやはり日本人としてすぐ寛容できない問題でした。

しかし、誰かが風邪をひいたら、みんなが心配します。

自分たちの知識を合わせて看病します。

彼らがしているのは物の共有であり、痛みの共有であり、楽しさの共有であり、幸せの共有です。

みんなで幸せの共有をすることによって、そのものの価値の何倍もの幸せを感じているのかなと思いました。

img_1424

教育

教育の環境でもギャップがありました。

英語の授業をしているとき、ペアワークして〜!と説明しましたが、できませんでした。

穴埋めでここを埋めて〜!と言ってもできる子は本当に一握りです。

日本人の観点から考えてみれば、なぜ??簡単でしょ??と思ってしまうのですが、彼らにとってはそれ自体がテストの問題のように難しいのです。

日本では小学生から班決めやグループ活動がありますが、カンボジア人にはそれがありません。

誰かと何かを一緒にすることが出来ませんでした。

しかし、みんな思ったことを言葉にします。

恥ずかしくて言えない子供は少ないです。

日本では、学校が嫌い、勉強が嫌い、教育に対して受け身ですが、カンボジアの子供たちは積極的です。

日本人にとって、手をあげたり、自分の意見をきちんと伝えるということは難しいです。

カンボジア人にとってはなぜ??簡単でしょ??と思うでしょう。

日本でずっと受けてきた授業の仕方が通用しないので、カンボジア人にあった授業を心がけなければいけません。

img_1112

日本だったら、雨でも学校行くのがあたりまえ。

親が先生に"いつもお世話になっております"と、感謝をするのはあたえまえです。

強要されていることではなく、それが普通になっています。

カンボジアでは雨が降ったら生徒も先生も来ないからといって、学校に行かせないのがあたりまえ。

学校で勉強するより稲刈りがあたりまえ。

学校に子供が行くほうが珍しい。

学校に行かなくなっても、家業を継げばいいからです。

そうやって、学校に行って、勉強をして、大学に行って、良い仕事を手に入れる機会を失っていく負の連鎖になってしまうのです。

いくら仲が良くても、どんなに勉強や学校や先生が好きでも、私たちは何があっても親には勝てません。

親が子供に勉強の大切さを伝えていかなければならないのです。

本当に必要なのは子供より、親に教育の大切さを教えること。

子供に勉強の楽しさを教えること。

まだ出会っていない、この世の中にあるたくさんの素晴らしいことを教えること。

子供に無知であることに気づかせること。

img_1011

自分が無知であることを気づくと自然と自分の生き方が見えてくるのかなと知りました。

無知を知った人間は強いですね。

これから何にでもなれる、自分で生き方を創造していける子供は素晴らしいですね。

毎日子供たちの側にいられるだけでワクワクします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-異文化体験
-, , ,

Copyright© 一般社団法人CBB , 2019 All Rights Reserved.