カンボジアの子どもたちは二宮金次郎じゃなかった。~私が感じた現実と理想とのギャップ~




angry(怒っている。)

ABCのアルファベットも満足に言えないレベルの住み込みスタッフまでこの単語を覚えてしまいました。

それくらい、最近の私はイライラしているように見えたのでしょうか。。

皆さま、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

プチュンバン(日本でいうお盆期間)が本格的に始まり、CBBスクールも926()102()まで1週間お休みでした。

生徒たちは毎朝スクール近くのお寺に通い、プノンペンシェアハウスの学生たちも全員が田舎へ帰省。

もうCBBスクールはスタートしましたが、これはお盆休みが始まるまでの私の気持ちを綴ったブログです。(笑)

 minomiya3

(みんなで近くの田んぼへ。プチュンバン気分はあと1か月続きそう。。)

本日は[カンボジアの子どもたちは二宮金次郎じゃなかった。]という、私が日本で抱いていたイメージと現地に来て感じたイメージとのギャップについてお話しします。

というよりは、私の最近の悩みをブログにしたようなものです。(笑)

 

皆さんは途上国の子どもたちにどんなイメージを持っていますか?

皆さんのイメージするカンボジアの子どもたちはどんな顔で勉強していますか?

夜は何をしてますか?

朝ごはんは何を食べていますか?

 

現地に来る前。

私が抱くカンボジアの子どもたちのイメージはみんなが全員勉強したくてたまらない子たち。でも、勉強したいけど、家の仕事の手伝いや働かなければならないから学校にいけない、勉強できない。

そんなかわいそうな子どもたちの様子を思い浮かべていました。

そうまさに私の一生懸命勉強している代名詞:二宮金次郎さんのように。




コメントを残す