さようならは突然。~ワンダと決めた1つの約束~




いつもお世話になっております。第6期現地インターンの石出恵です。

今日は人財育成プロジェクトの残念な報告をさせて頂きます。

学校を退学してしまった子がCBBスクールに住み、日本語や英語を勉強しながら、学校に復学、そしてスクールで先生として働くようになり、給料を。

そんな目標を持って進めていた人財育成プロジェクト。

一番近くで日本語や英語の上達をみることができ、学校に通わせることができる。このプロジェクトの成功を一番ワクワクしていたのは実は現地にいた私かもしれません。

現在住み込みスタッフは6人。先日出稼ぎに行かなければならなくなったバンが抜け、新メンバー、ネアットが入り、再出発を喜んだ矢先、またもや一人抜けてしまいました。

ワンダ2

CBBのブログでもよく登場するワンダ、17歳。

学校を一度は退学してしまったものの、CBBに住み始め、去年の11月から高校に復学を果たしていました。

「友達のおじさんが日本語を勉強して、とても上手に話していて。おじさんは日本語を話し、プノンペンでいい職につき、いい給料をもらっている。だから、僕もいつか日本語を勉強したいと思っていた。そんなときマサが家にきて、CBBに住まないかと言った。とても嬉しかった。」

去年の8月に会ったときは、恥ずかしそうに名前を話したくらい。

今回は仲良くなれるかな?インターン期間中に日本語もっと教えよう!と思っていたはずが、4月に来たときに彼の日本語能力の高さに呆然。

クメール語がわからない私の通訳をしてくれたり、日本語で日記を書いたり、生徒に日本語をイキイキと教えていたり。

辞書の言葉を全部覚えたい!と行き込んで、夜になるといつも

「いま、よろしいですか?質問があります。まだ寝ないでください。わたしに日本語を教えてください。」と。

そして、勉強が終わると、

「いろいろお世話になりました。そろそろ失礼します。」