バンにまた会える日まで。




皆様、いつもお世話になっております。現地インターンの石出です。

カンボジアではだんだんと雨季になってきました。

blog8

(田舎に暮らしていてよかったと思う瞬間。景色が励ましてくれることもあります!)

去年の8月に経験したスコールよりはまだ少なめですが、チュンプレイでは生徒も雨や雷に毎回大騒ぎ。

夕方の時間帯は授業も多いのですが、雨の時間帯も夕方。生徒の休みも増えるため、少し心配しています。。

 

今日は【人財育成プロジェクトより少し悲しいご報告をさせて頂きます。

人財育成プロジェクトとは、家庭の経済状況などが原因で学校に通ってない子どもが、スクールに住み込みで日本語を学び、CBBの支援によって学校に復学、また日本語の先生としてのスキルを得て、スクールの先生として働いてもらうという新規プロジェクトです。

現在は、先生として働くソムナンを始め、8ヶ月~1年を迎えたリダ・ワンダは無事学校に復学し、午後はCBBスクールで授業も受け持っています。

そして、3月より4人の新しい仲間たちが増え、現在7人のスタッフがいます。

新しいメンバーもだんだんと日本人の私に慣れてきた様子。今ではやっと一緒に買い物にいったり、向こうから話しかけてくれるようになりました。

しかし、今週。その中の一人、バンが突然プノンペンに働きに行くと言って、家に帰ったきり、スクールに帰ってきませんでした。

バンは17歳。リダの弟で、今年の3月にお父さんに連れられCBBスクールにやってきました。

学校は6年生でdrop outしてしまったそう。もう6年近く学校には通っていません。