35人のおばけたちが出現!~ハロウィーンパーティー開催~




みなさんこんにちは。

いつもお世話になっております現地インターンの酒井です。

10月31日、日本はどのような様子だったでしょうか。

10月30日、CBBスクールでもハロウィンパーティーを行いました。

トリック ヴォア チート?!?

Trick Or Treat」がうまく発音できず、 「トリック ヴォア チート」と話してしまう子供たち。

obake1

もともとアメリカ発祥のイベントであるハロウィンは、日本でも近年になって知れ渡り始めたように、カンボジアでもそこまで知名度は高くありません。

当虚の渋谷に、仮装した若者が集まるのと同じように、首都でプノンペンのクラブでは若者たちがハロウィンを楽しむようです。

しかしCBBスクールがある農村に来てみると、「ハロウィン」という言葉を知っている子どもはほぼゼロ。

そんな子どもたちにも楽しんでもらえるよう、お菓子とゲーム、おばけ変装グッズを用意して、小規模のパーティーを行いました。

今回のハロウィンパーティーはスタンプラリー方式。

おばけメイクコーナー、おりがみコーナー、クイズコーナーの三つのブースを設け、子供がそれを一つずつ回り、課題をクリアするとお菓子とスタンプをもらっていきます。

そしてスタンプを三つ集め終わると、ハロウィンスペシャル・カンボジアカレーを最後にもらえるというものでした。

obake5

(ミルクが隠し味のクメールカレー。予算で前日に大議論しましたが、とってもおいしかったです。)

CBBにおばけ大量発生?!

本来ならばハロウィンといえば「仮装」ですが、費用的な面で全員分の仮装用衣装を用意するのは難しかったので、おばけメイクをすることで、子供たちに仮装気分を味わってもらいました。

現地スタッフのスレイリャとCBBスクール開校当時からの生徒のチャナがメイクを担当し、ぞぞっとするおばけ、くすっと笑ってしまうおもしろおばけまで、CBBに大量のかわいいおばけが発生しました。

obake3

しかし中にはおばけメイクを本気で怖がる子もちらほらいました。

住み込みスタッフのへん(17歳男の子)は、3日前ごろから「もしわたしクマオイ(おばけ)になります、わたし家帰ります。」といって、本気で怖がっていました。

日本の高校生男子は「おばけ?へっ!だっせぇ!」って感じですが、こちらの子どもたちはある程度の年になっても本気でおばけを怖がるようで、その様子がとてもかわいらしかったです。

カンボジアってどこにあるの? 世界はどのくらいの大きさなの?

世界地図を見せても、自分の国や日本がどこにあるのか、どのくらいの大きさなのか、何もわからない子供たち。