不安を乗り越え、初カンボジアで得たもの~私の夏休みの2週間は、正解だった~




こんにちは。皆様、いつもお世話になっております。CBB学生部の新用です。

9月5日~16日に行われた夏渡航2017に参加し、帰国から2週間が経ちました。

本日は、初めてのカンボジア・CBBでの渡航を振り返り、皆様に感想をお伝えします。

出発までは心配ばかり、、初途上国カンボジアへ。

私はあまり明確な目的がなく、ただ海外ボランティアや発展途上国の現状などに興味があって、このCBBのメンバーになりました。

今回の渡航が初めてのカンボジアだった私は、前もって色々な話を聞いてはいたものの、正直にいって最初は不安がたくさんありました。

海外にもほとんど行ったことがなかったのにいきなり途上国、しかも活動拠点は農村部。

治安は大丈夫なのか、体調が悪くなることはないのか、、。

他にも、言語など何を前もって準備するべきかもわからず、とりあえず先輩方について行ったのが今回の渡航の始まりでした。

(表敬訪問では、事前に質問を考え、当日は進行役にも挑戦させて頂きました。)

実際にカンボジアに行って~現地の人と過ごした日々~

カンボジアに来て一番最初に驚いたのは、意外にも都市部に高層ビルなどがあり、道もコンクリートでできていて、つまり発展していたということでした。