ひらがなとSkype交流




こんにちは。

お世話になっております。CBBインターン生の葛山です。

今日はSkype交流が5時すぎからあったので少し変則的な授業でしたが、

パソコンと黒板の授業をつかった授業を行う水曜日、木曜日が終わったので、2日間を振り返りたいと思います。

今日もくみこさんと2人でスクールを回す練習

今日は比較的来る子が少なかったので、片方が映像授業の動画編集をしてもスクールを回すことができました。

また一番多い時間帯の17時から18時でSkype交流を行い、パソコンの学習がなかったため、生徒が溢れてスクールが回せない、ということはありませんでした。

ひらがなの勉強

今日も昨日と同様ひらがなの勉強をしました。

日によってクラスの子どもたちも変わってしまうので、最初にひらがなカードを用いてどの行まで言えるか確認します。

な行までは、文字の形と音は一致していないこともありますが、流れでは言える子が多いです。

なので、今日は「は行」と「ま行」まで勉強しました。

読める文字が増えてきたので、今までならったひらがなで構成された単語の問題を出しました。

ひらがなの勉強にもなりますし、同時に日本語を覚える機会にもなるようにしました。

最初の文字さえ分かれば、あとは流れでい言うとができるので、ホワイトボードにあ行からは行までを書き、分からないひらがなはホワイトボードから探しながら一つずつ確認していきました。

は行が発音しにくいらしく、私にはどうしてもかきくけこに聞こえてしまって、どこまど発音を追求すべきなのか悩みます…。

Skype交流

Skype交流は一番授業の多い17時から18時に行いました。

Skypeの内容がダンス交流だったこともあり、少人数だと恥ずかしがってしまうのではないかということで、この時間に行われました。

Skype交流の前はプロジェクターを用意し、見え方を確認したり電話がきちんと通じるかテストし、Skypeに備えます。

今回も前回もともさんが、相手の方と連絡をとってくれていて、事前にどのようなことを話すか、どのようなことをするかなど打ち合わせを重ねているようです。

次回からは私たちが引き継いでいかなければならないので、頑張りたいと思います。

今回は日本との交流だったので、日本語の喋れる子に自己紹介をしてもらったり、質問してもらったりしました。

ただ、途中で飽きてしまう子もいて、みんなを引き込める工夫を考えれたらいいなと思います。

Skypeの内容や相手国に合わせて、またどの時間帯の子もSkype交流を経験できるようにスケジュールを組めるようにしたいと思います。

明日で今週の授業も最後です。

明日はくみこさんが別件でシェムリアップに行ってしまうので日本人1人でスクールを運営する練習をします。

不安ですが、できる限り頑張りたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑