【スクールVisit】普通の旅じゃ満足できない、そんな方にこそCBB~H.I.S.様ご訪問~




皆様、いつもお世話になっております。

第6期現地駐在員の石出恵です。

カンボジアはプチュンバン(お盆のようなもの)が近づいていてなんだか生徒たちもお休み気分!

去年のインターン生はパゴダに行ったりバン投げをして過ごしたようですが、今年はどんなプチュンバンを過ごすのでしょうか。。

今からとても楽しみです!

さて、本日は9月14日(水)、東京からH.I.S.様がCBBスクールに視察に来てくださりましたので、その時の様子をご報告したいと思います。

his1

用意させていた日帰りの日程スケジュール

7:00 プノンペン市内ご滞在先ホテルにて集合

7:30 朝ごはん(1日1台$80の車にて移動。運転手付き。距離によって値段が変わる。)

8:45 CBBスクールに到着・設備紹介

9:30 トロップ地区・ホームスティ先視察(CBBスクールより車で15分程度のCBBスタッフの家を見学。)

11:00 CBBスタッフ宅にてお昼ごはん

12:00 カンボジア人経営の英語学校視察

13:00 CBBスクール授業見学・説明

15:00 CBBスクール発

16:30 プノンペン市内にて解散

ご要望に合わせ、農村の様子を見ることができる農村周遊、そしてスクールの授業の様子を見学して頂きました。

車を1台チャーターしたので、移動もしやすく、他スタッフの家も訪問することができました。

「現地のリアルをツアーに参加したお客様に見てほしい。」

そういう思いをもって、CBBへの訪問を決めてくれたそうです。

his2

確かに。ボロボロのホワイトボード、どんどん増えていく生徒の数に不足している机といす、まだ固まりきっていない授業カリキュラム、人見知りをするこどもたち。

「今日は勉強しません。明日しまーす。」といって勉強から逃げようとする現地スタッフ、、、

他の孤児院やインターナショナルスクールとは違い、まだ生徒が十分に勉強できる環境が整っていない現実。

まだまだ未熟ですが、その現実と向き合っている私たちCBBだからこそ、感じられるものがあるんだと思いました。

私も5か月現地にいる身として、日本にいたらわからない「リアル」をぜひ1人でも多くの皆様に見てほしいと思います!

嬉しいことも悔しいことも楽しいときも大変なときも、すべてがイメージ通りじゃなくて、「リアル」なんだと。

そして、H.I.S.様のTwitterでも紹介して頂きました。

(CBBにぴったりのキャッチフレーズです(^^))

CBBは企業様の視察も随時受け付けています。

ご要望に合わせたツアーをご用意させていただきますので、ぜひお問合せください!

H.I.S.様、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑