カンボジア農村ホームステイ体験記~私が一番衝撃だったこと~




こんにちは、法政大学一年、金坂里彩です。

今回は私が農村生活を実際に体験して感じたことについて話したいと思います。

まず、私が農村に着いた初日、子供達や村の人々は私達を笑顔で暖かく迎えてくれました。

クメール語が話せない私たちと、英語が話せない村の人々とのコミュニケーションに最初は戸惑いましたが、

子供達は私達にとても懐いてくれました。

村に着いた瞬間、私達の顔は子供達とたくさん遊んで砂だらけになりました。

ホームステイ先の村の方は、

私達の支援が終わって帰ってくるまで起きて待っていてくれて、カンボジア人の優しさを感じました。

初日には現地コーディネーターの方との打ち合わせが行われました。

まず、打ち合わせで何よりも感じたことは私自身の英語の拙さでした。

現地コーディネーターとのコミュニケーションは英語で行われるのですが、上手く伝えられないことが多々ありました。

そして私たち渡航メンバーの一番力を入れてきた、初等教育のプログラムでは、

算数・社会・理科・体育の授業を行いました。

りさ3

算数の授業ではプリントのレベルが調査不足で、現地オフィスの学生からアドバイスを頂き変更しました。

英語からクメール語への訳も膨大な量があったにも関わらず、時間が少なかったため、学生には徹夜をしていただきました。

スケジュール調査をするときに、現地準備のための余裕を持つことが大切だと感じました。

また算数の成績優秀者と成績不振者の違いを知るために、各々の家庭に訪問させていただきました。

成績優秀者の子供の家庭は貧困で十分な水田が無く、制服を買えない家もありました。

親が小学生でドロップアウトした子もいましたが、

外国からの訪問客から影響を受け勉強する意欲が沸いていると答えてくれました。

クラスの中で成績が二番目の子には将来の夢を聞きました。