カンボジア農村ホームステイ体験記~子供の笑顔を守るために~




こんにちわ!法政大学法学部に通っています。星野彩乃です。

今回は私が農村で感じたことについて話させていただきたいと思います。

ayano2

 

農村に着いた初日、私が想像していた農村生活のイメージが一変した。

皆が貧しく、子供達は家の仕事を手伝わされ、自由のない毎日を送っていると思っていたが、実際は違っていた。

確かに貧しいのだが、私のホームステイ先は村の中では裕福な方で、家も大きくパソコンがあった。

近所の子供達が集まって一台のパソコンを囲み、皆でDVDを観ている光景は衝撃的だった。

また彼らは、いきなり知らない外国人が来たことに戸惑いもせず、きらきらした笑顔を私たちに向け走り寄ってきてくれた。

一緒にサッカーをしたり走り回ったりするだけで、言葉は通じなかったが、子供達との距離がすぐに縮まったように感じた。

その後、今回の初等教育プロジェクトに協力してくれる現地スタッフのチャンターを含めた現地の方々と打ち合わせをした。

自分たちのやりたいことを英語で正確に伝えることは難しかったが、

算数と社会の段取りの確認、べっこう飴の試作、ダンスの練習など、全ての教科が順調に進んでいたと思う。

ayano3

 

農村に着いて二日目、いよいよ私たちの初等教育プロジェクトが始まりを迎えた。

初日の授業は算数、社会、理科の三科目。

生徒は午前と午後それぞれ二十人前後で、想定していた人数よりかなり少なかった。

そして、生徒の中には制服を着ている子供と着ていない子供がいた。

生徒は当たり前に制服を着ているものだと思っていたが、制服は二十ドル程で、貧しい家庭では買うことができない。

さらに家庭訪問を行った際には、クラスで一番成績の良い子が制服を持っていないという現状を知った。

個人的に制服は勉強のモチベーションにも関わってくると思う。