貧困から子供たちを脱出させたい~自分で道を切り拓いていけるようにCBBスクールができること~




みなさんこんにちは。インターン生の本多です。

現在、プノンペンで通院生活中ですが、そんなプノンペンでの生活をしているうちに考えた事をお伝えしようと思います。

プノンペン。

ご存知の通り、ここはカンボジアの首都であり、立ち並ぶビル、綺麗に舗装された道路、クーラーが効き綺麗なスーパーやコンビニ、そして車に乗り綺麗な服を着て生活する人々。

村の生活からは想像できないほど栄えており、生活する上で不便なことはほとんどありません。

観光でプノンペンやシェムリアップのみを訪れてしまうと、なんだそんなことないじゃん!っと思ってしまいがちかもしれませんが、村の生活を知っている私達からすると、カンボジアの貧富の差は歴然です。

そんな貧富の差を一番に感じるのは、プノンペンと村の子供達の生活を比較した時です。

プノンペンでで生活する子供達は、綺麗な服を着て、学校に通い、時にはオシャレなカフェでおしゃべりをしたり買い物を楽しんだり。

しかしながら、村の子供達はお世辞には綺麗とはいえないような制服や服を着ている子供達もいれば、ボロボロの自転車に乗っている子、おやつを買うためにプノンペンでは何も買えないような価値のお金を握りしめて屋台に走る子供達。