勉強のモチベーションを上げる方法:大好きなことをご褒美に




こんばんは。インターン生の兼子です。今朝は、家から自転車をこいで10分ほどの場所にある、プサーロア(市場)に行きました。

朝から大賑わいで、とても活気がありました。はじめてのお使いならぬ、ひとりではじめて市場でお買い物。

つたないクメール語でやりとりし、大好きなトマトとぶどうを手に入れることができました。達成感いっぱいのすてきな朝になりました。

さて、今日はお昼ご飯を食べながら、こんな話題で盛り上がりました。

「子供たちの意欲をどのように引き出したらいいのか?」

「先生、僕は日本の大学で勉強したい。」「日本に行ってみたい。」と夢や目標がある子は、勉強に対する姿勢がとても真剣です。

宿題にもまじめに取り組み、授業中も勉強している内容をすぐに暗記し吸収していきます。

しかし、一方では、勉強もしますが、授業の半分は遊びに夢中という子供たちも多くいます。

日本語や英語を使うチャンスが生活の中にあれば、言葉が相手に伝わった時の喜びや達成感を感じ、次の学習への意欲につながると思うのですが、なかなか機会がないのが現状です。

モチベーションの差があるのは、悪いことだとは思いません。CBBに足を運び、少しでも勉強の時間を作ろうとしている時点で、とても素晴らしいことだと感じています。

しかし、せっかく授業を受けるなら、より充実した時間を過ごしてほしいというのが、私の願いです。

好きなことをご褒美に

現在、CBBでは、授業を30分やると残り30分は塗り絵をするという子供たちが多くいます。

とても楽しそうですが、もう少し集中して勉強できたらいいな、というのが正直な気持ちです。

好きなこと、楽しいことは大好きな子供たち。ここでひらめいたのが、大好きな塗り絵をご褒美に、勉強に集中させる作戦です。

たとえば今日はここを覚えたら、塗り絵タイムにしてよしとする。

または、ポイントカードを作って、項目ごとに課題をクリアしたら、クリアしたごとにシールをあげる。(シールをあげるととても喜ぶようです。)

そして、そのシールがたまると、プレミアムな塗り絵がもらえる。などなど…。

大きな目標でなくても、小さな目標があれば、きっとやる気もわいてくることでしょう。さっそく、計画を立て作戦を実行してみたいと思います。

ある日、CBBの教室で元気な歌声が広がりました。

アナと雪の女王の「let it go」です。難しい単語がいっぱいなのに、なんとなく歌えていた子供たち。すごい!!やっぱり、好きなことや、楽しいことが力を伸ばす一番の方法なのでしょうね。

楽しい授業が一番です。これからも笑い声が響くCBBでありますように。

遠く離れていても同じ空の下

さて、話は変わりますが、みなさんはスーパーブルーブラッドムーンを観ることができたでしょうか。

カンボジアでも、きれいに見えました。日本とカンボジア、それぞれの場所から夜空を見上げて、同じ月や星を観ることができるんですね。

遠く離れていてもつながってるのだなー、となんだか嬉しくなりました。ちなみに、スーパームーンがみれるということは、お母さんのマエが教えてくれました。

そしてマエは飼い犬のラッキーに教えてもらったようです。笑

なんだか、ほっこりする話ですね。今日はいい夢が見れそうです。

お休みなさい。リアトライ スオスダイ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑