映像授業 内容決め方・撮影方法




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン20日目の本日は、映像授業撮影の裏側についてお伝えします。

➀ 映像授業とは?

英語、日本語それぞれの授業を撮影し、YouTubeにアップしています。

CBBスクールのチャンネルを登録するだけで誰でも見ることができるので、

遠くて学校に来れない子や授業の予習復習に使うことができます。

個人の到達度や進度はばらばらなので、時間をかけて勉強したい子は何度も同じレクチャーを

繰り返し見ることができ、早く次に進みたい子はどんどん新しい動画で勉強できます。

② 内容決定

・日常的に使えるもの

・知っておくと便利な表現

・シリーズ化

・一本の動画で単語は4つ

この3つを大切にしています。

シリーズ化することで一本の動画で色、動物、月など特定のものにフォーカスします。

一回の動画では3-5単語が調度良いです。

<単語例>

・色:ピンク、白、緑、青

・動物:豚、うさぎ、ねこ、犬

・家族;父、母、兄、妹

・味を表す形容詞:甘い、すっぱい、辛い、苦い

・顔に関係する単語:目、鼻、口、耳

・時間:先週、今週、来週

<文章・会話表現例>

・「あなたの名前は何ですか?」「私の名前はーです。」

・「あなたはどこの出身ですか?」「私はー出身です。」

・「-はどこですか?」

・「今何時ですか?」

・「何のスポーツが好きですか?」

③ 撮影

・デジカメの充電ができているか、メモリーカードの容量があるか事前にチェックしておきます。

・ホワイトボードが映るようデジカメをセットする

・ホワイトボードに勉強する内容を書く(日本語または英語)

・クメール語訳を書く

いよいよ撮影です。

本番は日本人インターン生一人と現地の子一人で行います。

「皆さんこんにちは、CBBの(名前)です。今日はーについて勉強します。」

の挨拶のあとに単語を発音していきます。

単語の場合、一つの単語を日本語→クメール語の順で発音していきます。

クメール語は現地の子にお願いしています。

「それでは、私の後に続いて言ってみてください。」

一通り発音し終わると、次は日本語のみで繰り返します。

動画を見ている子たちに発音をまねてもらうためです。

一語ずつはっきりゆっくり、大きな口で言うのがポイントです。

会話文の場合は現地の子にも登場してもらいます。

実際にどんなシチュエーションで使うのかイメージしやすくなります。

最後に「以上で今日の勉強を終わります。ありがとうございました。」

これで撮影終了になります。

よりたくさんの子どもたちに見てもらえるよう、どうやったら楽しい動画になるか毎日唸りながら撮影しています。

目標は毎日20本撮影・編集です。

川崎公美子

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑