【現地スタッフとの関わり】~言語も文化も違う現地スタッフとどのように協力して働くのか~




こんにちは。インターン生活7日目の後藤志織です。

本格的に子供達に先生として勉強を教え始めて4日目が経ち、子供達の顔と名前も、子供達がとれぐらいの英語日本語のレベルなのかも覚えてきました。

だから、少しずつ臨機応変に対応できるようになり、授業を回していくのにも慣れてきました。

限られた時間、終わらない仕事

しかし、ここ2日間ぐらいは、くみこさんに手伝ってもらいながらも、スケジュール的には1時から7時半まで授業がぶっ通しである状況でした。

1日約7時間労働と決めて、限られた時間を上手く使いながら、授業も運営して、パソコン作業もできるようにするのが理想ですが、なかなか上手くいきません。

やはり、インターン生だけではなく、現地スタッフにも今よりも多く授業を担当してもらって、子供達に勉強を教えてもらったほうが良いということに気づきました。

CBBスクールでは、日本人がいなくてもCBBスクールを運営できるように、現地スタッフの先生としての育成を行っています。

今は現地スタッフのチャンティーに小さい子達の英語のクラス、現地スタッフのボルに小さい子達の日本語のクラスを1クラスずつ教えてもらっています。