【大公開】CBBスクール夏祭りの裏側




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

8月4日金曜日にCBBスクールで夏祭りを行いました。

日本の基準で考えてしまうと、何が起こるかわからないカンボジア。

今回も「夏祭り、楽しかった!めでたしめでたし」で終わらない、ハプニングだらけのお祭りとなりました。

プロモーション

人を集めるためにはプロモーション!ということで、ちらしを作り学校と市場へ配りに行きました。

まずは中学校へ。しかし、そこには生徒がおらず、がらーんとした静かな建物がひっそりとあるだけでした。聞いてみると生徒は既に帰ってしまったようで、最近は先生が来たり来なかったり時間帯も不規則なんだとか。

その後訪れた小学校では、生徒の帰宅に間に合い、無事広報を行うことができました。CBBスクールに通う生徒たちにも会えたようで、彼らが友達を引き連れてきてくれるようお願いしました。

今回の夏祭りは「いつでも・だれでも」参加可能なので、もちろんCBBスクールの生徒以外の大人や子供たちも大歓迎です。

そこで市場へ行って宣伝することに。ちらしをおばさんたちに見せると、「私文字読めないの」と。

改めて教育が十分行き届いていないことを思い知らされました。笑い飛ばされてしまうほど、その深刻さを理解していないことにも不安を感じました。