【参考】まゆこさんの日本語授業を見学!~授業流れ解説付き~




こんにちは、インターン生の川崎です。

6月13日インターン3日目、授業スタイルと言語を身に着けるスピードについて感じたことをお伝えします。

空き時間に、

まゆこさんの日本語の授業を見学させてもらいました!

ひらがなはひらがなカードを使って教えます。

例:あ・い・う・え・お

➀ 1文字ずつ見せながら読み方の確認

まゆこさんが言った文字を生徒が後に続いて発音します。

② 順番をばらばらにして読み方を確認

順番通りでしっかりできるなったら、“い・お・え・あ・う” のようにばらばら にして練習します。

こうすることで生徒が1文字―1発音 しっかり覚えようとしてく れます。

③  一人ずつ書いてみる

まずまゆこさんがホワイトボードにお手本を書きます。

そのあと、一人ずつ前にでてお手本を見ながら書いていきます。

“モイ、ピー、バイ” (1,2,3)と書き順も一緒に教えていて、外国の人から見れば宇宙語のようであろうひらがなをうまく書けるようになるには大切だなと思いました。

文字を見る、読む、書く、この三つをすることで生徒も退屈せずに楽しく勉強できるし、楽しむことでどんどんあたらしい文字を吸収できます。

まゆこさんの授業は見ている私もすごく楽しかったです!

次は私が担当した英語の授業をお伝えします。

今日はよく使う形容詞を勉強しました。

Long, slow, heavy, light, handsome, difficult, easy などです。

➀ 単語をホワイトボードに書く

私が英単語を書き、その横にクメール語の意味を生徒に書いてもらいます。

② 書き写し

“ソーム ソセー” (書いてください)で皆に板書してもらいます

③ 声に出して読む

“ソーム アーン” (読んでください)で私が発音した後に続いて読んでもらいます。

ゆっくり、大きな声で、しっかり口を開けて発音します。

初めて見る単語、初めて聞く発音、改めてゆっくり、正しく教えないといけないと責任感を感じました。

ジェスチャーでその単語を表現すると、みんなも真似をして楽しそうに覚えてくれました。

Long:両腕を横一杯にのばす
Heavy:椅子が重くて持ち上がらないふりをする
Fast: 必死に走る
Slow: ゆーっくり歩く

ジェスチャーは体全体を使って全力でやすのがポイントです!

④ 定着

私のジェスチャーを見て単語を答えてもらったり、私が指さした単語を発音してもらいます。

30分で7つの単語は完璧です!

せっかく覚えたことも次の日には忘れてる…なんてことにならないように、前日の復習をしつつ、どんどん新しい言葉を教えていきたいです。

私のジェスチャーのクオリティも上がるように頑張ります!^^

川崎公美子

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑