リスクマネジメントの大切さとは




こんにちは。インターン33日目になりました、インターン生の本多です。

本日は、身を以て体験した、新興国で生活していく際のリスクマネジメントの大切さをお伝えしたいと思います。

みなさんは、リスクマネジメントという言葉を知っていますか?

リスクマネジメントとは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減を図るプロセスの事です。

簡単に言えば、何かトラブルやアクシデントに巻き込まれないように事前から気をつけて行動することや、万が一トラブルやアクシデントに巻き込まれてもなるべく被害を少なくするために事前に準備して置いたりすることです。

特に、治安がまだまだ良いとは言われないカンボジアにおいては、このリスクマネジメントをどうするのか、ということが大変重要です。今回、わたしはこの重要さを自分の身をもって経験しました。

週末、プノンペンで移動手段としてバイクタクシーに乗っていたところ、バイクと車が追突事故を起こし、バイクから飛び出し転倒してしまいました幸い命には別状はありませんでしたが、左肘に割と酷い傷と打撲を負ってしまいました。

バイクタクシーのひったくりや交通事故のリスクは重々承知でしたが、やはり安くて移動も速くできるため、その便利さからよく利用していました。

しかし、今回の事故から、自分のリスクマネジメントがいかに甘いものであったか、ということを知りました。そして今回この経験から、リスクマネジメントに関する2つの重要なことを学びました。

① 「わたしは大丈夫」と思う時点でリスクマネジメントできていない

カンボジアで生活して行く上では、自分の命や貴重品は自分の身で守ることが鉄則です。