NGOCBB短期インターン日記―なぜ僕が国際協力NGOでインターンをしているか。




皆さんこんにちは。CBB短期インターンの齊藤隆一郎です。

今回の記事では僕自身のカンボジア旅に関することを書かせていただけたらなと思っています。

僕がカンボジアに来た理由は発展途上国と呼ばれる国に行ってみたかったから。ただそれだけです。
特に「アンコールワットを観光したい!」とか「語学を学びたい!」などの目的は全くありませんでした。ただただ行ってみたかったのです。無論、CBBで短期インターンをするという話になるのはまだまだ先の話ですが…笑

しかし海外に行くということに対して自分の中で条件が2つありました。
1つ目は、友達と一緒に行くなどではなく自分1人だけで行くということ。
2つ目は、1か月近いスパンで長期間行くということ。

自分「1人で行く」ということに対して価値を見出し、また航空券でお金がものすごくかかるため長期間行っておきたいと思いました。実は発展途上国系の国であればカンボジアではなくてもよかったということです。

S__704523

(CBBオフィスのメンバーと。)

それではなぜカンボジアに行くことにしたのか。それはJICAの地球広場というセミナーに参加したときにカンボジアのことについて取り上げられていたためです。行くなら東南アジア周辺だと考えていたためカンボジアという候補が1つあがりました。
そのことを所属ゼミの武貞教授に話し、一人旅についても相談したところ「カンボジアならまぁ大丈夫だよ」と背中を押してもらえたので、カンボジアへ一人旅することが決定しました。

そこで武貞教授にCBBの存在も教えていただきました。駐在している学生の方がプノンペンにいるから是非お話を聞いてみるといいとのことです。僕からしたら初めての海外なので、日本人の方に会えるという安心感。また国際協力についてのお話も伺えるということで、話を聞かない理由がありません。CBBに偶然所属していたゼミの先輩に現地代表のまささんに連絡を取り次いでもらい、プノンペンで会うことになりました。

CBBが協力していたスポーツイベントに参加させていただき、まささんと話をさせていただいた時に短期インターンのお話をいただきました。短期インターンのお話をいただいた時はまだ旅が始まって1週間経つか経たないかのときだったので時間はあります。国際協力に関われるということもあり短期インターンをさせていただくことになりました。こんな一人旅ですが、人と人との繋がりのありがたみと大切さをヒシヒシと感じながら過ごしている今日この頃です。

S__704530

(NGO Peace Ball Action主催、CBB後援、株式会社サラヤ協力のスポーツイベント)

それでは本日の「バンブーチャリ」プロジェクトについての経過報告です。このプロジェクトはバンブーチャリによって1人でも多くの子どもを退学させずに学校に通うことが出来るようにするといったものです。昨日は実際にオルセーマーケットや自転車屋さんに行っての聞き込み調査を行いました。

今回おこなったものはネットを使いカンボジア国内にある自転車工場をリサーチするというものです。もしカンボジア国内に自転車工場が見つかればそこから必要部品を安く調達できるかもしれないからです。それでは早速、調査開始です。

いざ自転車工場を探すとなるとこれがなかなか見つからない。Made in Cambodiaを探しているのに出てこないのです、これが。
あるとすればカンボジアにある経済特区に参入してきた海外企業の自転車工場ばかり。それとあとはshimanoという日本企業を見つけましたがここはコンタクトを取ってみないとなにも言えない状況です。明日にでも通訳にお願いしてみます。

S__704524

(本日の作業場)

これ以上はどうあさってもなかなか出てこず行き詰っていると、僕が泊まっているホテルのオーナーさんが話しかけてきました。
これは良い機会だと思いオーナーさんにバンブーチャリについて話してみると、「psaleurマーケットにならいっぱい部品あるよ」とのこと。これが本当ならば少なからずプロジェクトは前進します。このマーケットについても調べていき今後もプロジェクトを進めていけたらなと思っています。

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございます。どうぞまたよろしくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村