インターン生活を振り返る。




お世話になっております。インターン生の宮崎です。

昨年の8月中旬より、インターン生として活動してきましたが、先日1月15日を以てCBBでのインターン活動を終えさせていただきました。

今回は、そのインターン生活、それからその生活を通して感じたことを、思うままに綴ろうと思います。

*おそらく、まとまりのない駄文・長文になりますので、あらかじめご了承ください。

IMG_8700
(▲農村の田園風景も季節を経て、すっかり乾季らしくなりました。)

CBBのインターン生として、大学支援事業における試験監督(高校2校・メコン大学にて)および面接官、CBBシェアハウスメンバーとの交流、国内メンバー夏渡航のお手伝い、資金管理、ブログによる現地情報発信などを行ってきましたが、インターン生活の大半を占める主な活動は日本語の先生を務めることでした。

 

教えるということは、(もちろん難しいこともたくさんありましたが)基本的には楽しかったです。時には日本の歌を教えたり、時には書道をやってみたり・・・。生徒たちも素直でかわいい子ばかりでした。

 

単にわたし一人で、もしくは日本人だけで、日本語の先生を務めるだけだったら、業務を行うだけだったら、生活するのだったら、こんなに悩むこともなかったのかもしれません。

カンボジア人と一緒に働いて、一緒に生活していたからこそ味わった、大変さ、辛さ、苦しみ、いらだち、さまざまな負の感情が、そこにはありました。

もちろん、楽しさや嬉しさもありましたが、圧倒的に、苦労することや悩むことの方が多かったです。

 

カンボジア人というと、フレンドリーで、いつも笑顔で、おおらか。

これが、今回のインターン前に過去2回、それぞれ1週間ほどのカンボジア滞在において、わたしが抱いたカンボジア人に対する印象です。

もちろん実際にそうなのですが、今回のように数か月にも渡って関わってみると、一概には言えないのですがカンボジア人の性格の嫌な部分もたくさん見えてきます。

これには本当に何度も何度も悩まされました。もう嫌になることも何度も何度もありました。

 

働き者の日本人と、寝るのが大好きなカンボジア人。

ついつい頑張ってしまう日本人と、頑張ることをしないカンボジア人。

細かいことまで気にする日本人と、細かいことは気にしないカンボジア人。

時には自分や家族まで犠牲にして仕事に自分を捧げることもある日本人と、自分第一!・家族第一!のカンボジア人。

 

もちろん、どちらが良くて、どちらが悪いというのはありません。

そのそれぞれが長所でもあり、裏を返すと短所でもあるのです。

 

そもそもの、この考え方の違いというのが、カンボジアにおいて、カンボジア人と一緒に、何かに取り組んだり、仕事をしたりするうえで、大いにわたしを悩ませました。

生まれた国も、受けてきた教育も、言葉も、文化も、何もかもが違うもの同士が関わり合うのだから当たり前だと言えば当たり前なのかもしれません。