カンボジアのNGOで6ヶ月インターン。大学生の私がやった仕事5つ




みなさまお世話になっております。
CBB現地インターンの鹿島です。実は5月の終わりに任期を終えて日本に帰国していました。

カンボジアに滞在していた6ヶ月間、死にたいくらい辛いこともあれば涙が出るほどうれしいことがたくさんありました。感情が揺さぶられっぱなしで本当にエキサイティングな毎日でした(笑)

その一部分を、何回かに分けてブログでみなさんに紹介していきたいと思います^^

今回は【CBBで行った仕事】をざっくり5つに分けてお伝えします。


1.自転車マイクロファイナンスのお金回収

ブログ振り返りチャンター
▲村長と話をする現地スタッフ

CBBのメインの活動である自転車支援。
マイクロファイナンスを用いて166名に自転車を提供し、わたしは月に1度のお金を回収する仕事に関わっていました。

日本人の私の役割というと、現地スタッフが怠けないようにチェックするのとお金の最チェック。一緒にお金を集めていた現地スタッフの話す英語が早すぎて最初は苦労しました…ミニサイズの電子辞書片手に、(支援地の農村は基本電気は通っておらず、もちろんwi-fiも無いなので英語をググるのは無理。)必死にコミュニケーションを取っていました。

現地スタッフと活動したときの苦悩(笑)はコチラからどうぞ

 

2.CBBスクールの運営

ブログ振り返り2
▲日本語でスピーチをする生徒

 

1月から準備をし、3月から正式に開校したCBBスクール。後半の3か月はCBBスクールのマネジメントがメインでした。